くすみを消して明るく透明な素肌になる!

「なんか、顔が黒いんだけど…」

なんだか黒い。顔が暗い。
一方で、なんであの子の肌は「スーッ」とした透明感があるの?

その差はくすみにあることが多いことを知っていましたか?
くすみがなくなれば、明るく透明感のある肌を手に入れることができるケースが多いのです。

くすみ対策は可能です。あなたも綾瀬はるかさんのような透明肌を手に入れたいと思いませんか?^^

なんでくすみ対策が必要なの?驚きの「くすみ効果」

百聞は一見に如かず。くすみがなくなると、こんなに印象が変わります。

くすみオフ

くすみがもたらすマイナスの効果として、
肌が全体的に黒くなる。暗くなる
しわやシミが目立つようになる
といったことが挙げられます。

つまり、逆にくすみを取ることで、全体の美肌力を押し上げることができるんですね。このことから、くすみケアは今とても注目されているのです。

くすみを取りたいあなたにおすすめの洗顔料

くすみ女子に朗報。くすみ専用の洗顔料が発売されました。2013年モンド・セレクションに受賞した実力派の洗顔料です。テーマは「女優ライト肌」。女優さんはハイビジョンテレビで映しだされてもなお、透明で美しい肌を保っています。くすみをケアすることで、そんな地力のある肌を目指そうというコンセプトです。

その洗顔料がこちら。

二十年ほいっぷ



職人さんが20年の歳月をかけて磨き上げた「直火釜練り製法」から命名された二十年ほいっぷ。なかなか強烈なネーミングですね。
この二十年ほいっぷの最大の特徴は、どうやったらくすみを解消できるか徹底して考えられていることです。

くすみは大きく2種類にわけられるといわれています。それが、皮脂膜のくすみ角質層のくすみ
皮脂膜のくすみは汚れを取ることで解消できます。一方で、角質層のくすみは角質が分厚くなったことによって透明感が失われるというもの。これがやっかいなんですね。
角質層は肌内部の水分を閉じ込める役割を果たしているので欠かせないのですが、必要以上に厚くなるとくすみが生まれてしまうのです。

ここを解消できるように開発されたのが「直火釜練り製法」というわけ
皮脂膜の汚れを完璧に洗い落としても角質層を乾燥させないため、角質層が分厚くならずに済むというロジックになっています。

”あの”どろあわわとの違いは?

泡洗顔系ではどろあわわなどが有名ですが、そちらよりも安く続けやすい価格設定です。どろあわわはマリンシルトという海底の泥を主原料にしており汚れの吸着効果が高い一方で、二十年ほいっぷは知り合い(32歳女性)によれば、どろあわわと二十年ほいっぷを両方試したけど、洗い上がりのしっとり感が二十年ほいっぷの方がいいとのこと。このあたりも嬉しいですね。