くすみには洗浄力のバランスが必要!洗顔は1日2回行うこと!

洗浄力の強すぎない洗顔料を選ぶ

くすみ取りの効果を求めるのであれば、洗浄力の強い洗顔料を選ぶのは控えましょう。例えば、顔用の石鹸ではなくボディソープなどでお顔を洗っていると、くすみの原因になることがあります。
その理由としては洗浄力の強さなのですが、過剰にお肌の汚れを取ってしまうことが多く、お肌に必要な潤いや、お肌を守るための防御機能までも奪い取り、角質層が乱れてくすみの原因となります
さらに、乾燥もひどくなったりとお肌のバランスが崩れ落ちます。そうなるとお肌は、自分で保護しようとする働きをするため自然と角質が厚くなってしまい、くすみが出てきます。もちろん鏡に映ったお肌を見るとくすんでいるように見えます。

ですので、洗顔料は必ず顔専用のものを使用するのは当たり前として、洗浄力の強すぎない洗顔料を選ぶことが望ましいです。特に、「界面活性剤」が含まれていない美白系の洗顔料を選ぶといいでしょう。界面活性剤は主に、食器用洗剤に多く含まれています。とても洗浄力の強い成分ですので注意しておくことが必要です。

→角質層はナチュラルなままやさしく洗える洗顔料

朝も夜も洗顔をする

洗顔に関しては夜だけで行えば良いなどという説もありますが、これは大きな間違いです。本来は朝と夜の2回洗顔をする必要があります。特に、お肌の弱い敏感肌の方で、朝は水洗いだけという方も多いのではないでしょうか。もちろんお肌の弱い方でも朝と夜どちらも洗顔をする必要があります。
その理由としては、お肌というものは、夜寝ている間に老廃物を表に出す仕事をしています。この老廃物の中にはもちろん古くなった皮脂や、お肌に必要のない余分な油分などが、お肌の表面にたっぷりとついているわけです。当たり前のことですが、このような老廃物は水洗いだけでは十分に洗い流すことができないのです。

せっかく美白用の洗顔を使用していてもくすみが気になると言われる方は多いです。実は、朝の洗顔をやっていなかったと言われる方がほとんどだったりします。老廃物が残っている状態ですので、くすんで見えるのは間違いありません。
ですので、くすみには、朝の洗顔はとても大切なポイントとなってきます。毎日の汚れと、夜寝ている間の汚れをきちんと落とせば、くすみは徐々に目立たなくなっていくものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す