古い角質除去の効果でくすみ対策!

古い角質が取れる洗顔を選ぶこと

お肌のくすみの原因は、毛穴に詰まった汚れと古い角質が原因でもあります。毛穴に詰まった皮脂や古い角質を放っておくと肌はどんどんくすんでいきます。これらを除去すると、お肌は見違えるように明るく美しい肌になります。
毛穴のケア方法はいくつかありますが、洗顔をするのが一番効果的といえます。毛穴に詰まった古い角質を除去する洗顔料を選んで使用するのが一般的ですが、毛穴ケア用の洗顔を使う前に、蒸しタオルを顔にのせて毛穴が十分に開いた状態で洗顔すると、さらに効果を期待することが出来ます。

洗顔料を手にとり良く泡立てて顔を包み込むように、毛穴の中に泡を浸透させるようにして洗います。古い角質を取るのにスクラブ入りの洗顔料効果がありますが、あまり頻繁に使用すると、お肌を痛めてしまう原因になるので気をつけましょう。
そして、洗顔した後は良くすすぐことが大切です。

数分間の泡パックもおすすめ!

 
お風呂に入ったとき数分間の泡パックは、くすみにとても効果が期待できます。泡パックは費用も時間もかからないので一石二鳥です。そして泡パックの方法はいたって簡単です。
用意するのは普段使っている洗顔料と泡立てネットだけです。泡立てネットはきめが細かい泡が出来るように出来るだけ目が細かいものを選びましょう。

洗顔料を手に取り泡立てネットにつけ、洗顔石鹸でもいいですが、良く泡立てます。泡の堅さは顔につけてもたれ落ちないくらいの堅さの泡にするのがポイントです。
作った泡をネットから手に取り顔にのせ、泡を顔の上で転がすようにして泡を顔全体に広げていきます。そのまま2〜3分間ほど泡パックします。週に数回、あるいは毎日泡パックをすると、毛穴の汚れや古い角質もすっきり落とすことが出来ます。泡パックするたびに顔色がワントーン明るくなっているのに気づくはずです。

こうすると、高価なパックを買ってお肌に合わないというようなこともなく、普段使っている洗顔料でパックすることが出来るので経済的ともいえます。
泡パックで、注意すべき点が1つありますが、泡をあまり長い時間のせると、逆に乾燥の原因になりますので10分も20分もパックしないように気をつけておきまましょう。身体を洗っている最中などの2〜3分間を目安にされてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す